大植医院(大阪府)

大植医院
発熱者
自費検査
情報確認日 2020年 12月30日
リンク https://ohue.jp/
住所 大阪府岸和田市大町3-3-4
定休日 日曜、祝祭日、盆休み、年末年始
電話番号 072-445-2662
PCR検査
38,500円
あり 検査方法: 検体は鼻咽頭粘液による採取です。祝日の場合、後ろにずれ込みます。
抗体検査
料金記載無し
あり 検査方法: 血液検査法(IgM)。簡易迅速キット:10分前後で結果が判明します。
抗原検査
8,000円
あり 検査方法: 簡易抗原検査と抗原定量検査(CLELIA法)があります
日本渡航医学会協力医療機関、大阪出入国在留管理局の協力医療機関及び在日本タイ大使館の紹介先医療機関です。

発熱者対応

診療検査医療機関(発熱外来)受付開始1130~

発熱患者がかかりつけ医等においてスムーズに受診が可能となる体制を構築するため、発熱患者の診療・検査が可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として、大阪府が指定しました。11月24日付で、医療機関名の公表に同意した医療機関は大阪府のHPにて公開されました。

当院では、既に3月より時間的動線を分け、1130より発熱外来として発熱患者を受け付けてきました。感染予防対策として、更なる準備を続けており、11月19日(木曜日)より、感染症対策用診察・検体採取ブースや唾液採取用ブースを設置しました。

1)午前中の一般診察などの受け付けは1100に終了し、発熱患者以外の方が院内から退出した後、診察を始めます。それまでは自家用車の中など屋外で待機してもらいます。

2)他院からの転医の場合は、病状把握のため、できるだけ紹介状をお持ちください。

3)インフルエンザや新型コロナウィルスの検査については、医師が判断します。初診時に希望の検査を行わない場合もあるので、ご承知ください。

注)海外渡航向けのPCR検査とインフルエンザワクチンの問い合わせや相談などで、電話がつながりにくい状態が数か月続いています。

大阪府岸和田市、和泉・堺・泉佐野・大阪市和歌山市の肥満外来トラベルクリニッなら大植医院

PCR検査について

PCR検査
渡航に必要な証明書を含む総費用:38,500円(税込み)

検体は鼻咽頭粘液による採取です。国内では、唾液による検体も認められていますが、まだ、海外では認められていないからです。当院は日本渡航医学会協力医療機関及び大阪出入国在留管理局の協力医療機関です。また、タイ大使館提携医療機関、中国大使館指定医療機関です。

検体は鼻咽頭粘液による採取です。

新型コロナウィルスPCR検査 | 大阪府岸和田市、和泉・堺・泉佐野・大阪市和歌山市の肥満外来トラベルクリニックなら大植医院

抗体検査について

新しい基準が適応され次第、中国へ渡航する人は

PCR検査とIgM抗体検査、どちらも陰性でなければなりません。

総費用は40,000円です。

中国希望者検査証明書をクリックすると、中国と日本の電話番号の記載があります。日本の固定電話番号がない場合、親族や会社の電話でも構わないようです。

読んでみられるとわかりますが、日曜日から火曜日に中国に入国する方は、対応できる医療機関が限定されます。当院でも当初あきらめていましたが、11月4日午後、とある検査会社の営業の方が来院され、近畿ラボが拡充されたため、対応できる日程が増えました。

11月4日午前中ににご連絡いただいた方にはお断りしたケースもありますが、対応できる日程が増えています。

検査日や証明書を取りに来るのは休診日以外になります。

例)月曜日の830~1100に来院し、PCR検査とIgM抗体検査を行う。証明書は水曜日の午前中に取りに来てください。

11月8日以降中国に入国される方へ | 大阪府岸和田市、和泉・堺・泉佐野・大阪市和歌山市の肥満外来トラベルクリニックなら大植医院

抗原検査について

1)抗原検査:簡易抗原検査と抗原定量検査(CLELIA法)があります。発症2~9日後の場合は簡易抗原検査で感度が30~80%ぐらいですが、無症状の方には使用できません。無症状の方は、抗原定量検査での確認が必要ですが、当院では行っていません。

新型コロナウィルス関連諸検査 | 大阪府岸和田市、和泉・堺・泉佐野・大阪市和歌山市の肥満外来トラベルクリニックなら大植医院