日本ゲノム歯科医療研究所(熊本県)

日本ゲノム歯科医療研究所
自費検査
情報確認日 2021年 1月19日
リンク http://genomic-institute.jp/
住所 熊本県玉名郡和水町津田1563-7
定休日
電話番号 0968-34-6608
PCR検査
21,780円
あり 検査方法: 最大6回の唾液検査。
検査時間: 検体採取後24時間
検査人数: 100人
抗体検査
なし
抗原検査
なし
検査キットの販売です。取り寄せの後自分で検査、送付の形をとります。

発熱者対応

記載はありませんでした

PCR検査について

格安検査と当研究所の検査の違い

①確認作業の違いについて

格安PCR検査では1回のみで判定ですが、当研究所では最大6回の検査を実施して判定を行います。これにより、偽陽性の確率を0.1%以下に抑えることができます。

格安PCR検査では、1回のみの判定を行っていますので、試薬を変更しての検査は実施されていません。当研究所では、偽陽性の可能性を否定するため、第二選択としての別の試薬を準備しており、陽性や偽陽性の判断に迷う場合は、試薬を変更してPCR検査を実施しています。

②試薬の違い

格安PCR検査では、試薬の選択は価格で決定されますが、当研究所では性能を重視して選択します。PCR検査開始当初は(選択肢がなかったため)当研究所と格安PCR検査は同一試薬を使用していましたが、現在は性能を重視し、体外診断用医薬品を使用し、PCR検査を実施しています。格安PCR検査では、体外診断用医薬品の場合もあれば、研究用試薬の場合もあり、価格が安いものを好んで使用している様です。

③医療機関からの受託

格安PCR検査では、医療機関や保健所にPCR検査が適切に行われたかどうかの判断を丸投げしているようです。これは衛生検査所や医療機関ではない場合があり、検査精度の管理が甘いことがあります。衛生検査所の認可を受けていても、医療機関からの受託を行わないところもあり、医療機関向けの検査精度を保持できていない場合があります。

当研究所は、当研究所内でPCR検査が適切に行われたかどうか、そのPCR検査が正しいかどうか判断していきます。これは歯科医院の検査室から始まり、現在、新型コロナウイルス専門の衛生検査所の認定を受けているからです。また、厚生労働省が都道府県や医療機関に提供するPCR検査情報のシステムに参加しています。

メディア放送の「簡易検査」と当研究所の「検査」の違いについて | ブログ | 日本ゲノム歯科医療研究所

抗体検査について

記載はありませんでした

抗原検査について

記載はありませんでした